足が太い基準はどこから?美脚理想値から客観的に判断する方法。
足が太いことをコンプレックスに感じ始めてから、はや30年…。

メディアに出ているモデルさんや女優さんの足の美しさに感動しつつ、しかし細い足が「普通の足の太さ」と思い込んでいたことに気づき、違うんじゃないのかなと思い始めました。

そこで標準な足の太さがどれくらいか調べていくうちに、世の中には美脚理想値と呼ばれるものがあり、数字から客観的に知る方法を見つけました。

今回は、美脚理想値の計算式を使って自分の足が本当に太いのか、どこから太いのかを確認することにしました。

足が太い基準がどこからなのか、美脚理想値からチェック。

まず、美脚理想値の計算式は以下の通り。
・太ももの太さ:身長×0.3
・ふくらはぎの太さ:身長×0.2
・足首の太さ:身長×0.12


せっかくなので身長155~165センチ用に計算済みの表を作ってみました。
             
身長(センチ) 太もも(センチ) ふくらはぎ(センチ)足首(センチ)
155 46.5 3118.6
156 46.8 31.2 18.72
157 47.1 31.4 18.84
158 47.4 31.6 18.96
159 47.7 31.8 19.08
160 48 32 19.2
161 48.3 32.2 19.32
162 48.6 32.4 19.44
163 48.9 32.6 19.56
164 49.2 32.8 19.68
165 49.5 33 19.8

わたしの場合、身長160センチなので実際の足の太さと比べた結果
・太ももはプラス4センチ
・ふくらはぎはプラス2センチ
・足首はマイナス1センチの結果でした。

とてつもなく足が太いのかと怯えていましたが、数字から客観的に見ると思っていたほどは太くないかも?美脚と呼ばれるには、もう少し努力が必要なのは分かりました。

それ以外に、おしりが大きく、骨盤が広く、ししゃも足でO脚、かつ上半身が細い点も足全体を太く見せる原因になっているかもしれないな…と気づけました。

体全体のバランスを見たときに、比重が下半身に寄っているのはやはり足が太い証拠。

それを個性ととらえ、服や靴、カバンなどファッションの選び方を考えるきっかけとなりました。おしまい。