老後2000万円問題を解決する方法。
30代半ば、仕事に慣れてふと老後のことを考えていた時に、このまま貯金だけ続けても老後2000万円問題を解決できないことに気づきました。

公的年金は少ないから老後の生活が苦しいのは困るな…と焦ったので解決法を調べていくうちに、国のおすすめしている方法があるのを知りました。

1つ目は、積立つみたてnisa
もう1つは、ideco(個人型確定拠出年金)

どちらも資産運用をしてお金を増やしていく方法です。

積立nisaは20歳以上の日本人であれば、最長20年間の資産運用益が非課税になる便利な制度。
例えば100万円投資して3万円の儲けがでたときに、通常なら儲け分に対して20%の税金がかかるのですが、積立nisaにはそれがない。

idecoは60歳まで(今後65歳に切り替わるかも。)資産運用ができ、投資した額の10%ずつにあたる所得税と住民税が毎年安くなるお得な制度。
例えば、月1万円ずつ投資すると年間2.4万円の給料から引かれている税金が減ります。

ただし働いている会社によって扱っている場合とそうでない場合があるため、確認が必要です。idecoに代わる企業型という別ものもあります。

さて、30代半ばから積立nisaは20年間(月3万3000円)・idecoは60歳まで(月2万3000円)資産運用すると2000万円問題は解決することがシュミレーションによって分かります。

無料でできるシュミレーターは楽天証券のサイトにあります。積立かんたんシュミレーション(積立nisa用)と節税シュミレーション(ideco用)を使いました。便利。

銀行にお金を預けただけでは年利0.001%とスズメの涙ほどにしか増えませんが、
資産運用に切り替え、リスクが低めな安全商品を選んだ場合の運用益は3%ほどになるとのこと。

銀行に預けるのとは違って元本保証型ではないことに不安はありますが、すでに国(金融庁)がリスクの低い商品たちを選んでいるため、安全にお金が増やせるよう環境は整えてくれています。

なので、積立nisaとidecoの2種類を始めました。
わたしが選んだ商品は楽天証券の人気ランキング10位以内に入っているこちら。

・積立nisaでは、楽天vti(楽天全米株式インデックスファンド)1本を選び、
・idecoでは、楽天vt(楽天全世界株式インデックスファンド)1本を選んでいます。

リスクが低く長期の運用が安心してできる大手企業の株が複数混ざっている詰め合わせ商品を選びました。

もう少し詳しく説明すると、
・楽天vtiは、アメリカの超大手企業(グーグルとかアップル、アマゾンとか。)メインに4000社もの株が混ざった商品。
・楽天vtは、資本経済の中心地アメリカだけでなく、中国やインドなど伸びている国にもまんべんなく分散投資するさらにリスクが低い商品。

楽天vtiは手数料が0.162%、楽天vtは0.212%と少ないところも魅力的。投資で儲けたお金が少しでも自分の手元へ残るようにするため、大事なポイントです。

株式投資なので、債券に比べると少々リスクはありますが、30代半ばの働き盛りで選んでも大丈夫な年ごろ。

40代までは同じ商品を買い続けて効率良く資産を増やし、50代になったらリスクがさらに低くなる債権に切り替え、資産が減らないよう備えたいと思います。