いらなくなったパソコンの処分法&データ消去を安全に行う方法。
動きが遅い…画面に青と黄色の縦線が入り、見づらい…というストレスを感じたため
1台のパソコンを処分することに決めました。

できればリサイクルショップで買取をと考えていたのですが、
万が一個人情報が流出した場合を考えると不安になってしまい、できませんでした。

そこで処分&データ消去を行ってくれる業者にお願いしようと探した結果、
リネットジャパンに決めました!


※画像はリネットジャパンのHPからお借りしました。

良いなと思ったメリットは
国(環境省)認定なところ(無許可業者ではない。)
・全国の市町村と連携し、小型家電リサイクル促進の働きをしている
・データ消去をしてもらえる(政府機関が採用の高度な方法で消去、消去証明書を発行。
・自分でデータ消去することもできる(無料の消去ソフトをもらえる。)
回収方法が簡単!

この業者ならお任せしても問題なさそうという安全面と手軽さの1番強かった点が決め手でした。

業者さえ決まってしまえば、
するべきことはパソコンに残っているデータ消去と回収の準備だけ。

まずデータ消去に関しては、念入りに3段階。

高度なデータ消去をしてもらえるのは分かっていますが、振り返ったときに後悔しないよう
自分でできることを2つしておきます。

・パソコンにそもそもある機能でデータを初期化し
・無料でもらえる消去ソフトを使用。(消去ソフトを起動できないなら諦めて省略。)

最後の仕上げに、
・高度なレベルのデータ消去(3000円/台)をしてもらいます。

※データ消去証明書の発行は、リネットジャパンがデータ消去を終えると
登録済みアドレスにメールが届き、ホームページからダウンロードできます。

続いて回収までの流れは、
・自分で用意した段ボール箱にパソコンを入れ(自宅になければ、398円/箱で用意してくれる。)
・回収日と時間の希望を選択し、
・佐川急便が住所や名前など印字された伝票を持ってくる(伝票に何も書かないので楽!
・段ボールに伝票を貼り付け、無料回収でおしまい。(回収は無料/1箱。1500円/2箱目から。

今回の出費に3000円かかりましたが、
ネットバンクの口座情報や住所、電話番号、買い物履歴やそのパスワードといった情報が流出して
情報の転売や乗っ取り、財産の流出など悪用される可能性がなくなるなら安いもの。

今後も不要なパソコンが出た際には、お世話になる予定です。