【レディース用】タイオンのインナーダウンを選ぶ時のサイズ感は。
冬になると見かけるインナーダウン。有名どころでいうと、ユニクロ・無印良品。そして最近ではタイオン(taion)も人気ブランドの1つになりました。

TAION(タイオン) クルーネックボタン インナーダウンジャケット レディース用

日本発のブランド、暖かさは650フィルパワー以上とダウンの中では上質な分類(中レベル)に入り、もちろん暖かい。質だけでなく値段もお手頃で気に入っています。

しかしタイオン(taion)は取扱店が少なく、試着せずにネット通販で買うパターンもあるかと思います。わたしもそのタイプで、サイズ選びに悩みました。

そんな経験をもとに、ユニクロ・無印良品・タイオン3つのブランドを着比べた結果、サイズがどんな感じだったか説明していきます。

タイオンのインナーダウン、サイズ感をユニクロ・無印良品と比較。

ユニクロ・無印良品と比べて、ワンサイズ小さめの作りです。

つまり、ユニクロ・無印良品のsサイズ=タイオンはmサイズ
ユニクロ・無印良品のmサイズ=タイオンはlサイズが、同じサイズだと感じました。

【レディース用】タイオンのインナーダウンを選ぶ時のサイズ感は。

実際にインナーダウンを着るわたしの身長は160センチ、標準体型のアラフォー女子です。

ユニクロと無印良品のインナーダウンはs・mサイズどちらでも着れるタイプ。なので、タイオンならm・lサイズの2種類が着れます。

そこで今回はシチュエーション別に、どのサイズを選ぶとベターか考えてみました。

インナーダウンの下に着る服からサイズ感を考える。

胸からお腹周りまで比較的細めに作られているため、薄手の服を着るならmサイズで問題なし。

しかし厚手のニットを着るとむちむち・パツパツになってしまい、少々苦しそうな見た目になりました。そんな場合にはlサイズを選びます。

アウターとして着るかインナーとして着るか、用途からサイズ感を考える。

コートの下にインナーとして着るならmサイズの方がすっきりした印象になり、lサイズだと少々膨らんだ印象に。この着方に関しては、好みのサイズを選んでも良さそうです。

逆にアウターとして着るなら、ゆとりのあるlサイズが安心です。

年齢による体型変化からサイズ感を考える。

アラサーの時には気にならなかったお腹周りがアラフォーになると気になり始め(汗)、mサイズだときつく感じるようになりました。

タイオンのインナーダウンの魅力はウエストがシェイプされているところですが…お腹周りに不安を感じる場合、ゆとりのあるlサイズがベターです。

まとめ。

結局、体型に合ったインナーダウンを選ぶとアラフォーのわたしにはlサイズがベターなんだと気づかされます。

春と秋にアウターとして着るので、季節感の主張が少ないカーキ色が欲しいなぁと思っています。今年の秋ごろ購入予定。

TAION(タイオン) クルーネックボタン インナーダウンジャケット レディース用